ブラック企業とは違う?

過酷な労働条件で社員が疲弊していくことで問題になるブラック企業といものがありますが、そのバイトバージョンといっていいブラックバイトも存在するのです。アルバイトというと学生の人が行うことが多いのですが、そんな学生相手に授業のことを考えないシフトを組まされたり、とんでもなく安い労働条件やぶっらく企業同様の過酷な労働環境を提供してくるアルバイト先もあるのです。自分がそのようなバイト先に行かないようにしっかりチェックをしておきましょう。

常に求人を出しているバイトは危険!

ブラックバイトを見分けるなかで、ひとつの指標となるのが絶え間なく求人をしているところです。長期間求人をしているのに募集をやめないということはそれだけ辞める人が多いということです。辞める人が続出するバイト先は、労働条件や労働環境が苛酷なものであったり、人間関係の面でも上手くかない可能性もあります。「いつも求人してるなら受かりやすいかもしれない」と安易に考えずによく考えて応募するかどうかを決めることが重要でしょう。

ワンオペは要注意!!

労働環境で特に苛酷といえるのが、深夜の時間帯で一人で勤務させるワンオペを提示するところです。深夜は確かに来店者は少ないのですが、仕事量が少ないといったことはなく、後片付けや仕込みという仕事を一人に押し付けてくる可能性もあるのです。このような大量の作業をこなしながら接客をしていくと心身ともに疲れきってしまいます。深夜の時間帯で働くことを希望している人は、深夜時間帯に何人で働くのかを聞いておく必要があるでしょう。

ソフトバンクの求人というのはソフトバンクグループが発行・開示する求人情報のことです。一般的にはソフトバンクショップでの非正規が主になります。