保育士さんの仕事とは

保育士さんって子どもと遊んでいるだけの仕事と思っている人が多いと思いますがそうではありません。保育士さんの仕事とは保護者の大切な子どもを預かりたとえどんなかすり傷をつけずに無傷で親御さんに元に帰すのが仕事です。いわば子どもの命を預かっていると言った方がいいでしょう。子どもを拝受しながら怪我やトラブルを防いでいかなければなりません。そして子どもとの信頼関係を築き保護者との信頼関係元築きがなければいけません。

保護者に対しての心気遣いも大切な仕事

最近では子どもは大好きだけど保護者の方がイヤで保育士にはなりなくないと言う声も聞きます。確かに最近の保護者はちょっとした事でクレームを言ってきます。怪我した時は親御さんがお迎えがくるまで待ち謝罪し次の日子どもが登園した時は家での様子を聞き謝罪謝罪子どもと一緒で日頃から親御さんの髪型や服装などチェックし髪型が変わっていたら「お母さん髪の毛切ったんですか?すごく似合っているよ」とか「お母さんその服かわいいね」と褒めてあげると人間悪気はしないでしょう。あと連絡帳をチェックして「今度どこどこに行くんでしょう気をつけていってらしゃい」と心気遣いも保育士さんにとって大切な事でしょう。

子どもの怪我や病気の対応

子どもは怪我や病気はつきもんです。保育園で怪我や病気をした時保護者がくるまで見守るのも保育士さんの仕事です。だけど保育士さんは看護士や医者や薬剤師の資格がないため子どもに薬を飲ます事は出来ません。高熱が出た場合はすぐお茶を飲ましすぐ保健室へ行って寝かせ怪我の場合タンコブやかすり傷などの怪我は冷やして消毒できますけど大きな怪我になるど看護士と相談して病院に連れて行きます。当然の事ながら保護者に事情を話し謝罪するこれも保育士さんの仕事でしょう。よく子どもと遊んでいるだけの仕事と言われていますけど保育士さんはこういった心気遣いをしているのですよ。

保育士の求人というのは、全国の幅広いエリアにおいて豊富に存在しており、勤務条件などを考慮しながら求人探しができます。